受験への英語 受験からの英語

英語中級者からの脱却を目指して!

自己紹介

どうもはじめまして。

このブログを管理しているm_studying_englishと申します。

今後お話していきますが、僕はここ最近英語の勉強に力を入れているのですが、

どうも伸び悩んでいます。

このブログの第一の目的は自分自身の英語の勉強経験を整理することで、自分の勉強法を見直し、効率的な勉強を再発見することです。
第二の目的は、僕の経験をシェアすることでほかの人の英語の勉強にも資すれば良いなと考えています。
そして、より広い話題、効率的な独学の勉強法についても新たに発見し、情報発信していけたら考えています。


そこで、まず初めにみなさん気になるのが僕の英語のレベルだと思います。
僕の経歴はこんな感じです。

(1)学歴

某MARCH 卒業
旧帝大学院 修士修了

アメリカPhD留学(2015秋より)

(2)英語のスコア
TOEFL 90~100
IELTS 6.5

(3)留学経験
1か月語学留学経験あり


「良くもなければ、悪くもない」というのが正直な感想だと思います。
TOEICで950以上やTOEFLで110以上を出す方々のブログや書籍は多いですね。
ただ一方で、意外と私と同じレベルの人がブログを解説していることは少ないかと思います。
そこで、無恥厚顔ではありますが、どうすればこのレベルにたどり着くか、このレベルってどんなもんなのか、それと今後順調にスコアが伸びた暁にはどうすれば点数が伸びるかつづりたいと思います。

特に、多くの英語上級者の方が「受験英語を前提として」ブログを書いているに対して、このブログでは大学受験英語の勉強法の復習からしていきたいと思います。

それと、「受験英語はおかしい」という噂がありますが、僕の考える正否を書いていけたらと考えています。

では、どうぞよろしくお願いします。

 

有用な記事ピックアップ

 

単語帳の選び方(1) - 受験への英語 受験からの英語

 

 

単語帳の選び方(2) - 受験への英語 受験からの英語

 

 

勉強法(1) - 受験への英語 受験からの英語

 

 

勉強法(2) - 受験への英語 受験からの英語

 

交渉の考え方

また更新の間が空いてしまいました。今日はアメリカ人から直接聞いた話をしたいと思います。

 

私自身が今年から大学で働き始めたのですが、そのなかでどうしても慣れないことが交渉事です。例えば採点をする際に、

「この間違いはN点減点にするぞ」

と概ね決めてから採点をします。そして後から

「この採点は厳しすぎる!担当教員もきびしいって言ってた」

と交渉に来ることがまぁまぁあります。

 

個人的に採点基準は全員に対して公平になるように気を付けており、こういう交渉は交渉に来なかった学生に対してフェアじゃない気がして苦手です。いわゆる、「言ったもの勝ち」みたいなのは好きではありませんでした。

 

この話をアメリカ人にしたところ、

「大学は社会に出るためのスキルを学ぶところだ。例えば、社会に出てからも何かしら権限のある目上の人と話して自分の利益を獲得することは重要な能力だろう?ここでは交渉とはそういうものなんだよ。彼らはそういうスキルを大学で学ぼうとしてるんだ」

と教えてくれました。そういわれると、大事な能力だなと改めて思います。

 

面白い考え方の違いだったので書いてみました。

発音アプリ紹介:

最近、ELSA Speakというアプリをダウンロードしました。

 

play.google.com

ELSA Speak - Practice Speaking English

ELSA Speak - Practice Speaking English

  • Elsa Corp
  • 教育
  • 無料

 これはすごいアプリですね。発音した単語を聞き取り正解かどうか判定してくれるだけでなく、間違えた場合にどの音と間違っているか判定してくれます。

 

例えばgrow[th]という単語をgrow[s]と発音してるというように指摘してくれるので、画期的なアプリだと思います。

 

ただ、例文が英語で与えられるので、この時は発音に集中できるという意味で難易度は低めです。おそらく、本当に苦しむのは「発音を気にしながら、ただしい英語を話すこと」なので、これだけだと物足りないかもしれません。

 

とはいえ、発音は一人で勉強しにくかった部分なので、こういうのはありがたいですね。

閑話休題:アメリカの学生はよく勉強する?

最初に断っておきますが、この話はあくまで私の身の回りの話です。

 

私は大学を卒業してそろそろ5年経ってます。つまり、5年以上前の私が所属した学部の話と、今の私が所属するアメリカの大学の学部生の比較です。

 

例えば、

「5年前より今の大学生はよく勉強してる!」

という時間の違いや

「あなたの日本の大学ではそうだったかもしれないけど、私がいた日本の大学ではそうではなかった」

みたいな大学間の違いは議論しようとも、できるとも思っていません。

 

それでもとりあえず私の経験に基づいて(ややキャッチ―な表現ですが)日米の大学生の勉強比較をしてみたいと思います。

 

アメリカの学部のことはよく知りませんが、一応TA等を通じて雰囲気は分かっているつもりです。実際にアメリカの学部出身の人からすると違う点もあるかもしれませんが、その点はご容赦ください。

 

あと、私が日本で通ってた大学レベルとアメリカの大学レベルも違うでしょうが、その点もまぁ仕方ない差だと思ってください。どちらもトップスクールではない(MARCHとアメリカの地方州のトップ大学)という点ではある程度レベル感は似てると思います。

 

前置きが長くなりました。アメリカの学部教育について見たことを書いてみます。

 

例えばうちの大学もそうですが、学部生の授業の多くをレクチャラー(研究職ではない人たち)と大学院生が担当して講義をします。したがって、研究者による授業を受けられる量はかなり少ないです。例えばelectiveコースとプラスα程度しか研究者による授業はないと思います。

 

ただ、これは必ずしも低質を意味しないとはおもいます。概して、学部下級生の授業は暗記をしてもらわないと話にならないので、このパートは誰がやってもある程度同じというのはあるでしょう。

 

東大や京大くらい良い大学であれば、あえて1年生の授業に国際的にスター教授を持ってきて学術的刺激を与えるという手法もあるでしょうが…。ここではそういう効果は一部の大学でしかできず、この議論では関係ないとして無視しましょう。

 

本職の研究者から授業を受けられないのは残念ですが、宿題がきっちり出ます。そしてそれを大学院生が解説したり採点したりします。

 

私がいた日本の大学では宿題なんてほとんどなかったのでこれは意外です。この仕事のおかげでアメリカの院生は月に18~25万円程度もらって生活ができるわけです。

 

なお、アメリカの場合、授業アンケートは結構重要なので、担当教員や担当院生はかなりゆるく採点をします。別にゆるくしても私たち院生や教員は損しないですからね。その結果、何が本当の正解かよくわかってない人が多い気がするのはちょっとかわいそうかもしれません。

 

あと、少なくともうちの学部にはゼミのようなものはありません。理系(特にラボを使う系)はちがうのかな?良く知らないです。

 

もし学部の学位留学を考えている場合、こういう損をするくらいなら、中途半端なresearch universityよりもteaching collegeやLiberal Arts collegeに行った方が良いのかもしれません。

 

まとめると、

・アメリカの学部教育では、すべての講義を研究者が行うわけではない

・宿題はよく出る

・その宿題の採点は甘い

・ゼミはない(ラボを使う理系は違うかも?)

という感じです。

 

研究をやりたい学生にとっては早くから教授の授業やゼミを取れる日本の方がよいのかもしれません。ただ、一方でボトムで考えると、アメリカの方が最低限の質を担保してる気もします。

 

以上です。

 

閑話休題:日本人の価値

www.stay-minimal.com

 

こちらの記事がtwitterで話題になっていました。元記事は去年らしいので出遅れていますが、私が感じたことも書いてみたいと思います。

 

(1)日本の存在感

 

僕の場合、「日本ってすごい」系のテレビ番組は胡散臭いとおもってみていたので、アメリカに来て上記の記事のようなショックはありませんでした。また、博士課程での留学ということもあって、同級生や先輩たちはそれなりに社会的常識や国際的なふるまいかた(例:とりあえず相手を褒めるし、国際的対立がある問題は仲良くなるまで話題にしない)を踏まえてる人だったので、ほぼ全く問題になりませんでした。むしろ、みんな日本語を良く知ってたので良い意味で驚きました。

 

むしろ驚いたのは、日本人の少なさです。私の留学先は大学自体は全米でも屈指の規模です。したがって、中国人や韓国人は毎日見ます。でも日本人はこの2年間で片手で数えられる回数しか見つけていません。そもそも服装や持ち物的に「あれ、日本人かな…?」と思えるような人さえ、数か月に1人程度しか見ないと思います。

 

また、もっと驚いたのは、大学の留学案内です。「うちの大学からアジアへ留学しよう」というポスターがあるのですが、そのポスターにあったのは、中国、韓国、インドでした。もうアジアで三指にも入らない国、日本。これはすごく衝撃でした。

 

(2)アジアを好きな白人

 

上記のブログでもありますが、私もなんとなく感じているのは、アジアを好きな白人というのは、あまりリア充系という感じはしません。むしろ、コミュニティでそんなにイケてない男性って感じがします。

 

そんな男であっても「外人と付き合ってる私すごい」という欲求を満たすために交際し、「外人と付き合うってこんなに大変~」と語るタイプの人は確かにいると思います。これが需要と供給かぁ、なんて思いながら見ていました。苦笑

 

一方、残念ながら男性への需要はあまりない気がします。うまく中国人や韓国人の彼女を見つけるのが関の山って感じです。

 

そんな海外における日本人の話でした。次回以降はまた英語の話にしたいと思います。

英語にするときに気を付けるべきフレーズ

英会話の最終目標は「英語で考えて、英語で聞いて、英語で話す」だとおもいますが、最初はそうもいきません。そこで「日本語で考えて、英語で聞いて、英語で話す」という期間があります。

 

そのときに問題になるのが、うまく翻訳できない単語です。つまり、日本語には1単語であるけれど、英語ではフレーズでしか存在しない、または英語ではほとんど存在しない言葉はたくさんあります。例えばこの動画は良いと思います。字幕もついてないので、聞き取り練習にもなると思います。


5 Japanese words we need in English

他にも「なんでもいいよ」、「どっちでもいいよ」とかちょっと悩む気がします。Anything goes, Whatever(whichever) fine, it's up to youとかでしょうが、なんか違う気もします。

 

自分の口癖を自覚して、その英語を覚えるのは初心者が早めにやるべきことでしょうね。偉そうに言いながら、私自身が出来てないのですが…()

自分と日本のことを英語で話そう!

留学して最初の話題は、

・自分のこと

・日本のこと

だと思います。

 

だから自己紹介をちゃんと準備しておくというのは大事だと思います。その場で簡素な自己紹介だけで済ましてしまうと、相手に興味を持ってもらえず、ボッチでの海外生活に陥る危険性が高いです。

 

一方、好きなこと、趣味をしっかり語れると、相手に興味を持ってもらえる可能性が高まり、英語を話す機会が増えるだけでなく友達も増えて充実した留学生活への第一歩となります。

 

例えば、

I like watching soccer games.

で済ますのではなく、

I like watching baseball games. Particularly, I am a big fan of watching MBL and Red Sox. Uehara is fantastic and he is my super star. I look forward to watching a live game here, in the US. 

なり、なんなり、少しでも現地の情報に引き付けながら好きなことを語ると良いと思います。あと、留学先の文化はしっかりほめましょう。

 

日本でも、外国人に「日本っていいね」という番組が流行っているようですが、ああいうことを自分たちがするのは、その留学先に溶け込むためのテクニックです。たとえ、そんなこと思ってなくてもとりあえずほめときましょう

 

皮肉や批判がウケるようになるのは仲良くなってからです。

 

 

 

さて、自己紹介が大事なのは置いておいて、次に日本の文化をしっかり話せることも大事です。

 

例えば、日本の歴史的建築物(お城とか)は中国や韓国のそれとは雰囲気が大きく違いますよね。歴史的に多くの文化交流があるにもかかわらず、なぜ歴史的建築物はこんなに違うのでしょう?とか。

 

 

また日本の話題で、知らないと困惑するのは「外国人が日本らしいと思ってるけど、日本にはほとんどないもの」です。その良いまとめがこちらだと思います。

 


3 Popular "Japanese Things" that don't exist in Japan! 「日本っぽい」もの?

 

私は中国に行ったときにsweet green teaは体験済みだったので驚きませんでしたが、Hibachiはアメリカ人の友人に聞かれたときに何のことかさえわかりませんでした。苦笑

 

(個人的にこの二人の動画は見ててほっこりするので好きだったので、もう動画を辞められてしまったことは残念です。)

 

またこの派生ですが、Fortune Cookieは中華系のお店でよく出てきますが、一応日本由

来です。中国人の友達が出来たら、「これって中国のものじゃねーし、日本のものだろ」って何度か言われると思います。笑

私も知らなかったんですが、京都発祥なんですね…。笑

 

ところで、動画の最後のところ(4:18-) でSushiの話をしてますよね?

気付きましたか?sushiってs音とsh音が両方あることに。

m-studying-english.hatenablog.com

 

気付かなければ、まだまだ修行不足なのでしょう。発音は無意識にできるようにならないと実践で苦労します…。