受験への英語 受験からの英語

英語中級者からの脱却を目指して!

強勢でない音はどう発音するか

前回の記事はちょっと英語で書いてみました。おそらく冠詞や複数形の間違いがたくさんあったでしょうが、ご容赦ください。

 

今回は同じものを日本語で書いてみます。

 

通常、日本人が発音を勉強するときには、どうやって音を正確に発音するかに目がいきがちですが、今回のお話は強勢ではない音でどうやって気を抜いて発音するかがカギになると思います。

 

初めに

PRONUNCIATION

という単語を例に考えましょう。これを一度音読してみてください。

 

おそらく、プロナンシェ―ションのような発音になるかとおもいます。

 

一方、発音記号では

 prə-ˌnən(t)-sē-ˈā-shən.

になります。ここで注目してほしいのは、強勢であるˈā以外の音はschwaサウンドəになっていることです。したがって、「プロナンシェ―ション」でいうと、ロやナ、ショの部分は同じ母音が使われています。

 

これはreduced soundsと呼ばれています(英語でreduced soundsとググると、an appleを「アナップル」と読むようなものが大量にでるので探すのは難しいですが…)。このように、強勢でない音の多くがschwaサウンドに変化します。他の例を見ておきましょう。

intonation: \ ˌin-tə-ˈnā-shən

consonant: ˈkän(t)-s(ə-)nənt

syllable: ˈsi-lə-bəl 

characteristics:  \ ˌker-ik-tə-ˈris-tik

complicated: ˈkäm-plə-ˌkā-təd

意図的に発音関連のものを多めにとってみました。

 

例外もたくさんありますが、一見してschwaサウンドəの多さが目に付くと思います。したがって、schwaサウンドを正確に理解することは英語の発音矯正の上では重要なのが分かるでしょう。

 

前にもschwaサウンドについては書いた気がしますが、次回また(主に自分のために笑)schwaサウンドについて復習したいと思います。