受験への英語 受験からの英語

英語中級者からの脱却を目指して!

閑話休題:エアライン

今回は英語とは離れてエアラインの話をしてみましょう。私もすでに5,6回は日米を往復しているので、それなりに飛行機には詳しくなってきました。実際に日米間で就航しているものに限っても以下の会社の飛行機に乗ったことがあります。

JAL

ANA

American Airline

Delta

United

Canadian Airline

今回は、これらについての感想をおすすめのランキング形式で書いてみたいと思います。これは値段はあまり評価にはいれていません。

 

最下位:Canadian Airline

ごはんがおいしくないし、映画の種類も少なかった。寝れないと地獄。また現在はトランジットでもeTAと呼ばれる短期のビザの代わりのもの(アメリカのESTA相当)が必要なので少し手間です。

 

とはいえ、安いことが多いのが大きな利点です。他に安いものが無い場合、私も積極的に利用しますが、似たような値段の時に利用しようと思う人は少ないかと思います。

 

5位:ANA

ともかく席が狭い。映画等のコンテンツは日本人にとっては十分な量でしょうが、何より席が狭い。ごはんは日本的なものがでるので、米→日のときは少しうれしいですが、それでも席の狭さが気になる。

 

この低評価は「日系は良いはずだ」という期待が高かったからこそかもしれません。

 

4位:United

悪名高いUnitedです。全体的にサービスが雑。窓口でも"Have a good one"みたいなお世辞さえなかったのが印象的でした。あと、自分は4回程度しか乗ってないのに、2回微小な遅延があった気がします。とはいえ、個人的には席の広さ等が普通だったのでそこまで悪い印象はないです。

 

ANAとは逆に、Unitedは散々な評価をたくさん聞いていたのでこの評価で済んでいるのかもしれません。

 

3位:American Airline(以下AA)

2016年頃までは安くて普通のサービスでした。ただ2017年秋口から随分高値が続いている気がします。

 

2位:Delta

Deltaはお上品な感じがします。他社のプレミアムエコノミーのような満足感を感じますが、値段が高いのが難点。

 

1位:JAL

Deltaより少し劣るサービスな気はしますが、やはり日系なので動画が日本人向きなものが多いのが高評価です。またDeltaより安いことも多いですね。AAとのコードシェア便も多いので、AAで予約してJALに乗れるようにするのが一番お得な気がします。

 

 

これが大雑把なランキングです。ランキングをつけましたが、値段さえ安ければ僕は最下位の会社でも喜んで乗ります。笑 

 

 

なお、これをみて「エアアライアンスを固定してマイルは貯めていないのか?」と思われる方もいるでしょう。僕の回答は「貯めているが、値段を優先している」です。

 

国際航空券の価格は変化が激しく、かつ価格差も大きいです。同じ路線、同じレベルで10万円違うなんてざらです。なので、僕が実際にチケットを買うときには値段を優先し、余裕があればマイルをためている航空会社を使います。

 

以上、航空会社の話でした。